産経ニュース

【北海道が危ない】中国資本の買収「とんでもない事態が進行」特別ツアー参加者が報告書 

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【北海道が危ない】
中国資本の買収「とんでもない事態が進行」特別ツアー参加者が報告書 

北海道をめぐる特別ツアーに参加した、越後俊太郎氏が作成した報告書 北海道をめぐる特別ツアーに参加した、越後俊太郎氏が作成した報告書

 7月に産経新聞社が実施した北海道をめぐる特別ツアーの参加者が、訪問先の様子などをまとめた報告書を作成した。

 特別ツアーは産経新聞連載「異聞 北の大地」(産経ニュースでは「北海道が危ない」で掲載)の筆者、宮本雅史編集委員が案内役として同行し、外国資本に買収された北海道の森林や水源地などをめぐるという内容だ。7月23、24の両日に開催され、本紙読者ら20人が参加した。

 報告書を作成したのは「新しい歴史教科書をつくる会」(東京都文京区)の越後俊太郎事務局長で、写真をふんだんに使ったリポートに仕上がっている。

 例えば、航空自衛隊千歳基地や千歳空港を見渡せる千歳市内の中国人別荘地に関しては「空港を監視できる位置にやすやすとつくられてしまっている。安全保障上、相当に問題あり」と指摘し、中国資本が買収した伊達市内の山林内にあるゴルフ場跡地については「買収されて6年以上にもなるが、商売ならなぜ放置されているのか理解に苦しむ。造成された土地などを手っ取り早く手に入れ、中国人流入の受け入れ先として活用しているのではと勘ぐりたくなる」と分析している。

続きを読む

「産経 日本を楽しむプロジェクト」SNSアカウント

公式SNSアカウント

Facebook Twitter

「ライフ」のランキング