産経ニュース

平安和歌刻む土器出土 全国初 平仮名確立の時期裏付け 山梨・甲州ケカチ遺跡

ライフ ライフ

記事詳細

更新


平安和歌刻む土器出土 全国初 平仮名確立の時期裏付け 山梨・甲州ケカチ遺跡

山梨県甲州市のケカチ遺跡から出土した、和歌が刻まれていたことが分かった甲斐型土器を手にする田辺篤市長=25日 山梨県甲州市のケカチ遺跡から出土した、和歌が刻まれていたことが分かった甲斐型土器を手にする田辺篤市長=25日

 山梨県甲州市塩山にある奈良-平安時代の「ケカチ遺跡」から出土した土器に、仮名文字で和歌1首が刻まれていたことが分かり、同市や山梨県立博物館(同県笛吹市)が25日、発表した。同館によると、和歌1首が丸ごと刻まれた土器の出土は全国初で「平仮名の確立時期を裏付ける貴重な資料」としている。

 土器は皿の形をした「甲斐型土器」。平成28年5月に出土した。直径12・4センチ、高さ2・6センチで、ほぼ完全な形で見つかった。特徴や土の種類から、平安時代中期(10世紀中ごろ)に、国府が直営する山梨県内の窯で生産されたとみられる。「古今和歌集」が編(へん)纂(さん)された10世紀初頭から間もなくの時期に当たる。

 和歌は土器を焼く前に、表面に刻まれていた。ヘラのようなものを使ったとみられ、皿の中央から左縁にかけて5行にわたり「しけいとのあはすや■なはふくるはかりそ(■は欠損)」などと記されていた。作者は不明。粗末な絹糸を意味し、恋の和歌で用いられる「しけいと」という言葉があり、惜別の思いを詠んだとみられる。

 墨で文字が書かれた平安時代の土器は出土例があるが、焼く前に文字が刻まれた土器の出土は珍しいという。同館の平川南館長は「国の中央から派遣された国司が、別れの宴席で地方の有力者に詠んだ可能性がある。仮名文字が全国に普及していく過程を知る資料になる」と述べた。

「ライフ」のランキング