産経ニュース

【書評】ジャーナリスト・櫻井よしこが読む 『偏向の沖縄で「第三の新聞」を発行する』仲新城誠著 反日勢力に挑む八重山日報の奮闘

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【書評】
ジャーナリスト・櫻井よしこが読む 『偏向の沖縄で「第三の新聞」を発行する』仲新城誠著 反日勢力に挑む八重山日報の奮闘

『偏向の沖縄で「第三の新聞」を発行する』仲新城誠著 『偏向の沖縄で「第三の新聞」を発行する』仲新城誠著

 石垣島を本拠地とする部数約6千の新聞「八重山日報」が沖縄本島に進出した。本島では「琉球新報」と「沖縄タイムス」があらん限りの偏向報道に明け暮れる。部数約30万を誇る2大紙の牙城に斬り込んだ八重山日報を歓迎したのが本島の人たちだ。

 配達員をねぎらい菓子や果物を手渡す。新聞離れ、文字離れのすすむ今日、1部の拡張でさえ大変なことだが、八重山日報は本島進出から2カ月足らずで購読数2千部に達した。2大紙の偏向報道と閉塞(へいそく)した言語空間に県民が辟易(へきえき)していたのであろう。

 技術面で八重山日報の挑戦を助けたのがネットである。同紙は石垣市の本社でデータを製作し、400キロ離れた本島支社とインターネットのクラウドサービスを活用して編集を進める。メールよりも速く正確だ。

 もうひとつ、ネットの力が変えつつあるのがお悔やみ情報の報道だ。人々は新聞のニュース面よりお悔やみ情報をまっ先に見て、知人友人の悲しみに心を寄せる。義理は欠かさない。これが沖縄社会の人間関係の根底を成す。数頁(ページ)にわたって報じられるお悔やみ情報は広告として沖縄紙に豊かな収入をもたらすが、家族には莫大(ばくだい)な支出である。

続きを読む

関連ニュース

「ライフ」のランキング