産経ニュース

【加計学園問題】「嫌がらせ」「仕方ない」 設置審、加計獣医学部保留に反応複雑

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【加計学園問題】
「嫌がらせ」「仕方ない」 設置審、加計獣医学部保留に反応複雑

学校法人「加計学園」が獣医学部新設を予定している建設現場=7月、愛媛県今治市 学校法人「加計学園」が獣医学部新設を予定している建設現場=7月、愛媛県今治市

 学校法人「加計学園」(岡山市)の獣医学部設置認可は25日、大学設置・学校法人審議会(設置審)の判断で正式に保留とされた。「騒ぎの中では保留もやむを得ない」「嫌がらせではないか」。関係者の間では複雑な反応が交錯した。

 「これだけ大きな騒ぎに発展したので、設置審としても一発で認可する状況にはなかったのかもしれない」。設置審の判断について、学園関係者の一人は一連の騒動が影響した可能性に触れた。その上で、設置審が保留の根拠とした指摘事項については「複数あったようだが、いずれもクリアできると信じている」と話した。

 一方、愛媛県への獣医学部の誘致に尽力し、7月の閉会中審査で加計学園の設置計画の正当性を主張した旧文部官僚の加戸守行前愛媛県知事は、不満を漏らす。

 加戸氏は設置審の委員が獣医学部新設に慎重な既存大学の教授らで構成されているとし、「(保留は)新設への最後の嫌がらせではないか」と指摘。「具体的な保留理由はわからないが、加計学園だけに高いハードルが課されたのなら不愉快だ。審査委員の発言をぜひ確認したい」とも述べた。

 一方、林芳正文部科学相は25日、出張先の京都市で記者団の取材に応じ「専門的、学問的立場から審査してもらっている。(引き続き)静かな環境でしっかり審査をしてもらいたい」と求めた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「嫌がらせ」「仕方ない」 設置審、加計獣医学部保留に反応複雑
  • 「嫌がらせ」「仕方ない」 設置審、加計獣医学部保留に反応複雑

「ライフ」のランキング