産経ニュース

「歌声喫茶」多様化で脚光 “70代の青春”輝き放つ

ライフ ライフ

記事詳細

更新


「歌声喫茶」多様化で脚光 “70代の青春”輝き放つ

180人のシニアでびっしり埋まった「田辺うたごえ喫茶」=大阪市阿倍野区 180人のシニアでびっしり埋まった「田辺うたごえ喫茶」=大阪市阿倍野区

 往年の若者文化からシニアの交流拠点に-。「歌声喫茶」が、喫茶店の枠を超え、高齢者の生きがいづくりの場として多様な形を見せている。千葉県では隔月で運行する「歌声列車」が走り、大阪では平均年齢75歳の人たちが大合唱を繰り広げる。“70代の青春”が、歌声にのって輝きを放つ。(服部素子)

ローカル線で

 「生演奏で、声をそろえてみんなで歌う」というスタイルの歌声喫茶が、若者の人気を博したのは昭和30~50年代。当時の若者がシニア世代となり、新たな歌声を響かせている。

 千葉県市原市の「いちはら歌声を楽しむ会」は、地元のローカル鉄道、小湊鐵道とコラボし、8年前から「歌声列車IN小湊鐵道」を走らせる。

 偶数月の第3日曜日、定期列車に歌声貸切車両1両を連結。定員50人で、往復約3時間の歌声の旅だ。すでに50回以上が開催され、歌声で沿線の町起こしに一役買っている。

 「お客さんの9割はシニア女性。歌と思い出がみんな同じようにかぶる世代だからできる企画。あと15年はみんなの生きがいにしたい」。同会代表の清水厚史さん(72)は笑顔で話す。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「歌声喫茶」多様化で脚光 “70代の青春”輝き放つ

「ライフ」のランキング