産経ニュース

脳波で「個人認証」 ハイジャック防止に応用も 鳥取大で実験

ライフ ライフ

記事詳細

更新


脳波で「個人認証」 ハイジャック防止に応用も 鳥取大で実験

脳波で個人認証 脳波で個人認証

 指紋や虹彩による認証と比べ精度は低いが、今後は本人しか知らない写真を利用するなどして識別力を高める計画だ。ハイジャック対策のほか重要な機密情報へのアクセス管理などにも応用できるとみている。

 実用化までに5年以上かかるが、研究チームの中西功教授(電気電子工学)は「継続的で邪魔しないというのは、生体認証が最も威力を発揮する用途だ」と話す。

「ライフ」のランキング