産経ニュース

【インバウンド通信】静岡、中国からの直行便減りマイナスに 各県で「下克上」勃発 外国人観光客の延べ宿泊者数は激変

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【インバウンド通信】
静岡、中国からの直行便減りマイナスに 各県で「下克上」勃発 外国人観光客の延べ宿泊者数は激変

 訪日外国人観光客(インバウンド)数が今年も順調に伸びている。日本政府観光局によると、今年1~5月の累計外国人旅行客数は、前年同期比17・3%増の1141万700人で、昨年より1カ月も早く1000万人を超えた。ただ、喜んでばかりもいられない。都道府県別の宿泊者数の「伸び率」に着目すると、ここ数年は各県の“変動”が激しく、外国人観光客の多様なニーズにどう応えていくかが大きな課題となっている。

東北勢が健闘

 観光庁の公表資料などによると、今年1~3月までの都道府県別の延べ外国人宿泊者数の伸び率(前年同期比)をみると、秋田が133・5%(2万1480人)で1位となった。

 東京電力福島第1原発事故のダメージが大きかった福島も改善傾向にあり、76・2%(3万2040人)と秋田に次いで2位の伸び率を示した。

 このほか、3位=青森県(64・7%、4万950人)▽4位=岩手県(64・4%、3万6030人)▽5位=岡山県(61・3%、7万6690人)と続き、東北勢が健闘している。近年、欧州を中心に「田舎」「農村」を旅行する観光客が増えているとみていいだろう。

続きを読む

「産経 日本を楽しむプロジェクト」SNSアカウント

公式SNSアカウント

Facebook Twitter

「ライフ」のランキング