産経ニュース

静岡県浜松市の「直虎ちゃん」公式ツイッター 一度もつぶやかぬまま閉鎖に

ライフ ライフ

記事詳細

更新


静岡県浜松市の「直虎ちゃん」公式ツイッター 一度もつぶやかぬまま閉鎖に

浜松城公園で開催されたイベントに「出世大名家康くん」とともに参加する「出世法師直虎ちゃん」=6月(浜松市提供) 浜松城公園で開催されたイベントに「出世大名家康くん」とともに参加する「出世法師直虎ちゃん」=6月(浜松市提供)

 静岡県浜松市のマスコットキャラクター「出世法師直虎ちゃん」のツイッターの公式アカウントが昨年7月の取得後、一度もつぶやかぬまま今年5月末に閉鎖されていたことが分かった。ツイッターでのなりすましを防ぐため、キャラクターのお披露目前にアカウントを作ることにしたものの、その後、これはという明確なキャラ設定が見つからなかったことが最大の理由だ。

 声優などを使い、しゃべるキャラクターとした場合、人件費などで年間500万~1千万円が必要。同市には既にしゃべるキャラクターの「出世大名家康くん」がおり、“しゃべり”はイベントなどにともに登場する家康くんに任せることになったという。

 直虎ちゃんは今年放送のNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」の主人公、井伊直虎の生まれ変わりという設定。直虎の領地があった浜松市では大河ドラマを盛り上げようと新たなゆるキャラ・直虎ちゃんの制作に取りかかったが、イラストの公開より前にまず行ったのがツイッターとフェイスブックの公式アカウントの取得だった。

 平成26年に「ゆるキャラグランプリ(GP)」に輝いた群馬県のマスコットキャラクター「ぐんまちゃん」はツイッターでのなりすましの発信が約1年半にわたり続くなど、ゆるキャラ界ではツイッターなどでのなりすましが横行しており、その対策のため「まずはアカウントを作ってしまおう」と考えたからだ。

続きを読む

「ライフ」のランキング