産経ニュース

【健康カフェ】(91)卵 1日1個以上食べてもOK

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【健康カフェ】
(91)卵 1日1個以上食べてもOK

 体内のコレステロールは肝臓で作られますが、LDLコレステロールの原料となるのが飽和脂肪酸とトランス脂肪酸です。飽和脂肪酸は肉の脂や乳脂肪といった動物性の油脂に多く含まれています。植物油でも、パーム油やココナツオイルに多く含まれます。トランス脂肪酸は植物油を食品に利用しやすくするための加工の過程でできるもので、マーガリンやショートニングなどに多く含まれます。「LDLコレステロールが高い」と指摘されたら、飽和脂肪酸とトランス脂肪酸の摂取を減らすように気をつけることが大切です。

 では、卵の場合はどうでしょうか。Mサイズ(60グラム)の卵1個は約90キロカロリーです。脂質は約60%で、そのうち飽和脂肪酸は35%を占め、コレステロールは約250ミリグラムです。飽和脂肪酸はさほど多くなく、1日1個食べても影響は大きくありません。平成27年に改訂された厚生労働省の食事摂取基準で、コレステロール摂取の上限が外され、卵の摂取が問題ないことについても解説していました。

 ただ、総カロリーに占める脂質の割合が約60%というのは食品としては比較的高いともいえます。また、健康のためにはいろいろな種類の食品をバランスよく食べることがいいのはよく言われることです。卵ばかり食べるのは、バランスのとれた食事とは言いがたいですが、まあ食べたければお好きにどうぞ、というところでしょう。(しもじま内科クリニック院長 下島和弥)

「ライフ」のランキング