産経ニュース

歌手・俳優・松崎しげるさん「加齢性難聴」で補聴器愛用 ありのままより美しい音に出会えるかも

ライフ ライフ

記事詳細

更新


歌手・俳優・松崎しげるさん「加齢性難聴」で補聴器愛用 ありのままより美しい音に出会えるかも

「補聴器づくりはレコーディングに似ています」と語る松崎しげるさん(菊本和人撮影) 「補聴器づくりはレコーディングに似ています」と語る松崎しげるさん(菊本和人撮影)

 大ヒット曲「愛のメモリー」をはじめ迫力のある歌声で知られる松崎しげるさん(67)は、実は補聴器の愛用者でもある。8年ほど前から会話が聞き取りにくくなり、「加齢性難聴」と診断され、すぐに補聴器をつくったという松崎さん。「補聴器を使うことで、ありのままの音よりも美しい音に出合えるかもしれない」と前向きに語ってくれた。

テレビの音が…

 僕はタクシーを利用することが多いんです。マネジャーと行動をともにするのですが、運転手さんが話しかけてきても、まったく話が耳に入ってこないことがありました。ところがマネジャーは運転手さんの話にちゃんと応答しています。

 「あれ? おまえ聞こえているの?」

 そう尋ねると、マネジャーは当たり前のように「聞こえていますよ」と。でも僕には、2人の会話がまるで聞こえませんでした。今から8年前のことです。

 その前にも、自宅でテレビを見ていて「パパ、音が大きいよ」と女房に言われたことがありました。そのとき、“あれ?”と思ったのが最初でした。

続きを読む

「ライフ」のランキング