産経ニュース

国内初・3年連続でサイチョウのひな巣立ち  埼玉県こども動物自然公園

ライフ ライフ

記事詳細

更新


国内初・3年連続でサイチョウのひな巣立ち  埼玉県こども動物自然公園

サイチョウ一家。巣立ちしたばかりのひな(右)はまだ小さい(埼玉県こども動物自然公園提供) サイチョウ一家。巣立ちしたばかりのひな(右)はまだ小さい(埼玉県こども動物自然公園提供)

 埼玉県こども動物自然公園(同県東松山市)で東南アジア原産のサイチョウのひなが巣立ちした。国内では初めて3年連続の繁殖成功となった。

 サイチョウは熱帯雨林の伐採などで減少し、ワシントン条約で国際取引が規制されている。飼育下の繁殖例は少なく、国内では平成27年の同園の繁殖成功が11年ぶりだった。

 同園によると、サイチョウは自然界では木のうろに営巣するため、飼育員が手作りの巣箱(高さ120センチ、縦・横60センチ)を設置。ひなは4月28日に孵(ふ)化(か)、7月17日に巣箱を離れて巣立ちした。母親は3カ月間以上も巣箱の中にこもり、産卵と子育てを担当。父親はこの間、母親に餌を運ぶなど、献身的なイクメンぶりを発揮した。

 同園は「子育て上手のお父さん、お母さんとひなの貴重な姿をぜひ見に来てください」と話している。

「ライフ」のランキング