産経ニュース

取手市教委、自殺隠して調査 中3女子いじめ 父「半ば誘導された」 

ライフ ライフ

記事詳細

更新


取手市教委、自殺隠して調査 中3女子いじめ 父「半ば誘導された」 

 平成27年11月に茨城県取手市立中3年の中島菜保子さん=当時(15)=が「いじめられたくない」と日記に書き残して自殺した問題で、同市教育委員会が自殺の直後、生徒や保護者らに自殺の事実を明かさない方針を決めていたことが30日、分かった。同市教委幹部が明らかにした。遺族の意向や受験を控えた生徒への配慮を理由として、生徒に対する調査などでも自殺には触れていなかった。

 市教委によると、中島さんが死亡した27年11月11日、学校側が「自殺を図り救急車で運ばれた」との緊急報告書を市教委に提出。その後の学校側と市教委の協議で自殺の事実を公表しないことを決めた。

 中島さんが自殺した事実は28年3月中旬まで明かされることはなく、その間に実施された全校生徒へのアンケートでは中島さんについても触れなかった。市教委は同月、調査結果を基に「いじめは認められない」と結論付け、いじめ防止対策推進法が規定する「重大事態」に該当しないと議決した。

 学校側は、3年生の受験を理由に中島さんの死を「不慮の事故」として生徒らに報告したいと父の考宜さん(45)に同意を求めていたという。考宜さんは産経新聞の取材に対し「半ば誘導された形だ。(学校や市教委の)都合のいいように事態が動いていた」と話した。

「ライフ」のランキング