産経ニュース

国内最高齢のベニコンゴウインコ 老衰で死ぬ 長野・小諸市動物園

ライフ ライフ

記事詳細

更新


国内最高齢のベニコンゴウインコ 老衰で死ぬ 長野・小諸市動物園

国内最高齢の51歳で死んだ雄のベニコンゴウインコ「ベニ」(小諸市動物園提供) 国内最高齢の51歳で死んだ雄のベニコンゴウインコ「ベニ」(小諸市動物園提供)

 長野県小諸市の小諸市動物園は29日、飼育している雄のベニコンゴウインコ「ベニ」が26日に51歳で死んだと発表した。同園によると、日本動物園水族館協会加盟の動物園で飼育しているベニコンゴウインコとしては国内最高齢という。

 同園は「長い間、『看板インコ』として動物園の顔だった。大勢の人たちにかわいがっていただき、ありがとうございます」と話している。

 同園によると、昭和41年5月に生まれ、44年9月から同動物園で飼育。鮮やかな紅色で、来園者から親しまれ「ベニ」という名がつけられた。

 ベニコンゴウインコの寿命は40~50歳程度という。高齢に加えて、最近の暑さなどの影響から食欲がなくなり、獣医師によると死因は老衰だった。

 ベニコンゴウインコは南米の森林にいる大型のインコ。くちばしは強力で、堅い木の実や果物を食べている。

「ライフ」のランキング