産経ニュース

閑古鳥の茨城・大洗のショッピングモール経営者交代で再生へ 2018年3月グランドオープン ガルパングッズ販売会社も共同運営

ライフ ライフ

記事詳細

更新


閑古鳥の茨城・大洗のショッピングモール経営者交代で再生へ 2018年3月グランドオープン ガルパングッズ販売会社も共同運営

新たな経営先に売却された大洗リゾートアウトレット=茨城県大洗町港中央 新たな経営先に売却された大洗リゾートアウトレット=茨城県大洗町港中央

 茨城県大洗町港中央のショッピングモール「大洗リゾートアウトレット」を運営していた「八ケ岳モールマネージメント」(東京都千代田区)が同アウトレットを20日に売却していたことが分かった。売却先は不動産開発を手がける「不動研」(同)。同町が舞台の人気アニメ「ガールズ&パンツァー」のグッズを展示、販売している「大洗ガルパンギャラリー」を運営する「Oaraiクリエイティブマネジメント」と、不動研の関連会社が共同で施設を運営し、新たなテナントの誘致活動などを進め、施設の再生を進めていく。

 不動研によると、現在入居中のテナントの大半は、営業を継続する。新たな商業施設として、今年10月にプレオープンし、来年3月にグランドオープンする予定。施設の名称も「大洗シーサイドステーション」(仮称)と変更する方針。

 また、クリエイティブマネジメントが今年3月末まで同アウトレット内で営業していたガルパンギャラリーと、県産品を扱う直売所「大洗まいわい市場」が8月5日に同アウトレット内の元の場所に戻るという。

 同アウトレットは町が大洗港近くの県有地に誘致し、平成18年にオープン。開業当時は約70店舗が出店していたが、今年6月末時点で30店舗以下まで減少し、観光シーズンの夏を前に空洞化が懸念されていた。

 不動研の担当者は「観光客も地元の人も楽しめる施設にして、にぎわいを取り戻したい」と話している。(鴨川一也)

「ライフ」のランキング