産経ニュース

【動画あり】第157回芥川賞に沼田真佑さんの「影裏」 直木賞に佐藤正午さんの「月の満ち欠け」

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【動画あり】
第157回芥川賞に沼田真佑さんの「影裏」 直木賞に佐藤正午さんの「月の満ち欠け」

(左から)沼田真佑さん、佐藤正午さん (左から)沼田真佑さん、佐藤正午さん

 第157回芥川賞・直木賞(日本文学振興会主催)の選考会が19日、東京・築地の料亭「新喜楽」で開かれ、芥川賞は沼田真佑さん(38)の「影裏(えいり)」(文学界5月号)に、直木賞は佐藤正午さん(61)の「月の満ち欠け」(岩波書店)にそれぞれ決まった。

 初の候補で芥川賞に輝いた沼田さんは、北海道小樽市生まれ、盛岡市在住。今回の受賞作「影裏」で今年、文学界新人賞を受賞しデビューを果たした。

 受賞作は雄大な自然が広がる岩手県が舞台。30代の男性会社員「わたし」とどこか危うさの漂う元同僚の不器用な交流を、東日本大震災を背景に描いた。選考委員の高樹のぶ子さんは「3・11の大震災を踏まえて、個人の内と外の崩壊を描ききった。人間の不気味さと自然の不気味さが呼応している」と高く評した。

 直木賞の佐藤さんは長崎県佐世保市生まれ、同市在住。昭和58年にすばる文学賞を受けデビュー、「鳩の撃退法」で山田風太郎賞を受賞している。今回、初の候補で受賞を決めた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 第157回芥川賞に沼田真佑さんの「影裏」 直木賞に佐藤正午さんの「月の満ち欠け」

「ライフ」のランキング