産経ニュース

【動画あり】国内初の民間ロケット、29日に北海道から打ち上げ 堀江貴文氏ら創業の宇宙ベンチャー

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【動画あり】
国内初の民間ロケット、29日に北海道から打ち上げ 堀江貴文氏ら創業の宇宙ベンチャー

インターステラテクノロジズが打ち上げる小型観測ロケット「MOMO」の想像図(同社提供) インターステラテクノロジズが打ち上げる小型観測ロケット「MOMO」の想像図(同社提供)

 宇宙ベンチャーのインターステラテクノロジズ(北海道大樹町)は6日、自社開発した小型観測ロケット「MOMO(モモ)」初号機を同町の発射場から29日に打ち上げると発表した。成功すれば、国内の民間企業が開発したロケットの宇宙空間到達は初となる。

 同社は元ライブドア社長の堀江貴文氏らが創業。平成18年に宇宙事業を立ち上げ、衛星の商業打ち上げビジネスへの参入を目指している。

 取締役の堀江氏は会見で「10年以上かけ、何とか宇宙空間にたどり着けそうなめどが立った。日本はロケット大国になれるものすごいポテンシャルを持っている。その嚆矢(こうし)になることができれば」と話した。

 計画によると、MOMO初号機は打ち上げ約4分後に高度100キロ以上の宇宙空間に到達。その後は地球の重力で落下し、同約7分後に大樹町から東南東約50キロの太平洋に着水する。機体は船で回収する。

 初号機は衛星を搭載せず、飛行中は無重力環境の測定や通信試験を行い、今後のロケット開発に向け技術を蓄積する。

 MOMOはエタノールと液体酸素を燃料に使う1段式のロケットで全長10メートル、重量約1トン。重さ20キロの観測装置を搭載できる。

 同社は超小型衛星を打ち上げるロケットを開発し、32年に打ち上げ市場への参入を目指しており、稲川貴大社長は「今回は最初の一歩だ」と意欲を見せた。

このニュースの写真

  • 国内初の民間ロケット、29日に北海道から打ち上げ 堀江貴文氏ら創業の宇宙ベンチャー
  • 国内初の民間ロケット、29日に北海道から打ち上げ 堀江貴文氏ら創業の宇宙ベンチャー
  • 国内初の民間ロケット、29日に北海道から打ち上げ 堀江貴文氏ら創業の宇宙ベンチャー

「ライフ」のランキング