産経ニュース

東京でもヒアリ発見 大井ふ頭、中国からのコンテナ

ライフ ライフ

記事詳細

更新


東京でもヒアリ発見 大井ふ頭、中国からのコンテナ

大井ふ頭で確認されたヒアリ(東京都提供) 大井ふ頭で確認されたヒアリ(東京都提供)

 東京都は6日、品川区の大井埠頭(ふとう)でヒアリ1匹が発見されたと発表した。健康被害を訴えている港湾関係者などはなく、都は「繁殖の可能性は低い」とみているが、7日から埠頭内で緊急調査を行うほか、毒が含まれた餌を置くなどの対策を取って拡散を防止する。

 都によると、コンテナは中国・仏山市の三山港を出港し、6月27日に大井埠頭にいったん陸揚げ後、30日に千葉県内の荷主に向けて搬出された。

 コンテナはその後、大井埠頭に返却され、確認作業をしていた今月3日にヒアリが発見されたという。ヒアリはその場で殺処分された。発見されたヒアリの大きさは約4ミリで、繁殖力のある女王アリか働きアリかは分かっていないという。

 コンテナは三山港を出港後、香港で積み替えられた。運んだ貨物船は大井埠頭寄港後、横浜、千葉、名古屋、大阪、神戸の各港にも立ち寄っているといい、環境省が追跡調査を続けている。

 国内では、5月下旬に兵庫県尼崎市に運ばれたコンテナからヒアリが初めて見つかり、神戸、名古屋、大阪南の各港でも相次いで確認。いずれも中国・広州市からのコンテナだった。

このニュースの写真

  • 東京でもヒアリ発見 大井ふ頭、中国からのコンテナ
  • 東京でもヒアリ発見 大井ふ頭、中国からのコンテナ

「ライフ」のランキング