産経ニュース

【平成29年路線価】新幹線開業も横ばい続く 函館、乏しい波及効果

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【平成29年路線価】
新幹線開業も横ばい続く 函館、乏しい波及効果

 北海道新幹線の開業で観光客が増加した北海道函館市。JR函館駅前はホテルなどの進出が続くが、路線価が最も高い同市本町「道道函館南茅部線通り」は3年連続の横ばい。人口減に歯止めがかからず、開業の波及効果が乏しいと指摘する声も上がる。

 新幹線は平成28年3月に開業。昨年度の同市の観光客数は約560万人で過去最多だった。函館駅前は平成31年春に約290室のホテルが開業。飲食店のオープンも進み、再開発がようやく緒に就いてきた。

 一方、人口は28年度に約3千人減り、減少数は全国の自治体でも上位だ。中心部から遠い住宅地では放置された土地も多い。中心部の老舗百貨店は売り上げが落ち込み、関係者は「閉店も選択肢だ」と明かす。

 函館国際観光コンベンション協会の三浦孝史事務局長は「地元の若者は仕事を求めて都市部に流れてしまう。観光ブームの恩恵が行き届いているとはいえない」と指摘している。

「ライフ」のランキング