産経ニュース

ライチョウさらに4羽ふ化 長野・大町山岳博物館

ライフ ライフ

記事詳細

更新


ライチョウさらに4羽ふ化 長野・大町山岳博物館

飼育中のつがいの間に生まれた4羽のひな(市立大町山岳博物館提供) 飼育中のつがいの間に生まれた4羽のひな(市立大町山岳博物館提供)

 国の特別天然記念物で絶滅危惧種の「ニホンライチョウ」の環境省などによる人工繁殖事業で、長野県大町市の大町山岳博物館は3日、新たに4羽のひながふ化したと明らかにした。大町山岳博物館では6月にも2羽のひながふ化している。

 今回の4羽はいずれも、同博物館が飼育する個体が6月に生んだ卵から、2日にふ化した。性別は分かっていない。

このニュースの写真

  • ライチョウさらに4羽ふ化 長野・大町山岳博物館

「ライフ」のランキング