産経ニュース

【聞きたい。】高嶋秀武さん 『高嶋ひでたけの読むラジオ』 ラジオ人生、自然体で半世紀

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【聞きたい。】
高嶋秀武さん 『高嶋ひでたけの読むラジオ』 ラジオ人生、自然体で半世紀

高嶋秀武さん 高嶋秀武さん

 東京オリンピック翌年にニッポン放送入社。以来、数々の番組でパーソナリティー(進行役)を務め、今もマイクに向かう。半世紀以上のラジオ人生を振り返り、エピソードをつづった月刊誌連載をまとめた。

 「町内の噂話に首を突っ込むみたいなのが好きで、おもしろいことを聞けば人に伝えたくなる。軽薄、よくいえば気取らず自然体の放送で楽しんでいただく。この本も同じように楽しんでもらえればうれしい」

 たとえば失敗談。プロ野球ナイター中継と深夜放送『オールナイトニッポン』の掛け持ち時代、ナイター中継中に居眠り…。宿直時の臨時ニュースも手書き原稿の字が読めず、途中で「続いて天気予報です」。

 武勇伝も登場する。生放送の情報番組内で渦中の現場に「いきなり電話」する企画では、抗争で一触即発の暴力団本部に「きょうの抗争は?」と直撃し、「どこのもんじゃ!」-。

 「失敗も多かったけど、今度は何をやろうかといつも考え、思いついたらすぐやっていた。時代も上司もおおらかでした」

 リスナーにも支持され、30代のころは長髪にジーパン姿、ひげをはやし、若者の兄貴分「ヒゲ武」のラジオネームも。19年続いた『お早よう! 中年探偵団』は当時の橋本龍太郎首相も毎朝、洗面所で髪をセットしながら聴いていたという。

 「放送って、その場でどんどん過去になっていく、その臨場感。まさに今、マイクの前で感じたことを表現できるのがいい」

続きを読む

このニュースの写真

  • 高嶋秀武さん 『高嶋ひでたけの読むラジオ』 ラジオ人生、自然体で半世紀

「ライフ」のランキング