産経ニュース

【加藤一二三・九段引退会見(1)】棋士生活振り返り「精魂込めて、色あせない名局を指せたことが喜び」

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【加藤一二三・九段引退会見(1)】
棋士生活振り返り「精魂込めて、色あせない名局を指せたことが喜び」

引退会見を行う加藤一二三九段=30日、東京都渋谷区(春名中撮影) 引退会見を行う加藤一二三九段=30日、東京都渋谷区(春名中撮影)

 今月20日付で引退した将棋の加藤一二三・九段(77)が30日、東京・千駄ケ谷の将棋会館で引退記者会見を行った。

 加藤九段は、20日の竜王戦6組昇級者決定戦で高野智史四段(23)に敗れ、現役を引退した。

 現役最高齢として長い歴史を刻んできた伝説の棋士はこの日、「精魂込めて、50年、100年色あせない名局を指せたことが喜び」と63年間におよぶプロ棋士生活を振り返った。会見時間は当初、加藤九段の希望で20分の予定だったが、5分延長して感謝の気持ちを語った。

 《午後3時、加藤九段が一礼して会見場に入ると、一斉にカメラのフラッシュがたかれた。約40社100人の報道陣が詰めかけた》

 「みなさまこんにちは。引退の記者会見を行います」。席に着いた加藤九段のあいさつから会見が始まった。

 --今のお気持ちから

 「大変すっきりした気持ちです。今まで通りやる気を失わないで、元気よくこれからの人生を歩んでいく気持ちですから、すっきりしています」

続きを読む

関連ニュース

「ライフ」のランキング