産経ニュース

危険!衝撃吸収機能なし 未認証チャイルドシート、ネット販売 国交省が注意呼びかけ

ライフ ライフ

記事詳細

更新


危険!衝撃吸収機能なし 未認証チャイルドシート、ネット販売 国交省が注意呼びかけ

国土交通省が作成した、未認証チャイルドシートに注意を呼びかける動画。衝撃を受け、人形が大きく前に投げ出されている(ユーチューブから) 国土交通省が作成した、未認証チャイルドシートに注意を呼びかける動画。衝撃を受け、人形が大きく前に投げ出されている(ユーチューブから)

 国交省が2月、ネット上で販売されていた未認証のチャイルドシート7製品を購入して検証。2000~5000円程度で、多くは取扱説明書がなかった。実験では、時速50キロで走行中に衝突したときの衝撃を加えたところ、固定部品やベルトが破損し、ほとんどのケースで子供に見立てた人形が前方に放り出された。

 調査では、未認証チャイルドシートは7製品とも本体の大部分が布製で極端に強度が低く、事故などによる衝撃を吸収する機能がないことが判明した。衝突時に腹部を強く圧迫するなどして大けがをする恐れがあるという。

 メーカーが参加する業界団体「日本自動車部品工業会」によると、未認証チャイルドシートの販売はネット上で3、4年前から確認されるようになった。「持ち運びに便利」などとうたい、多くは中国製とみられている。認証マークがあるチャイルドシートは開発費などがかかるため1万円前後で販売されているが、未認証製品の価格は3000円前後が多い。チャイルドシートは国内で年間100万台程度出荷されているが、未認証製品の流通実態は不明だという。

 国交省は消費者に注意を喚起するため、実験の様子などを撮影した動画を作成し、動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開している。

「ライフ」のランキング