産経ニュース

小学生に護身術 名門道場「合気道養神会」が指導

ライフ ライフ

記事詳細

更新


小学生に護身術 名門道場「合気道養神会」が指導

 警視庁の現職警察官にも合気道の指導を行う「合気道養神館」を運営する公益財団法人「合気道養神会」の師範らが7月1日、豊島区立目白小学校(東京都豊島区)で、生徒らを対象に護身術の指導を行う。子供を狙った事件が相次ぐ中、警視庁でも培われてきた合気道の精神を、子供たちにも伝えていく考えだ。

 合気道養神館は“不世出の達人”と呼ばれ、合気道の指導と普及を進めた塩田剛三氏が創立。現在は警視庁の現職警察官を道場に受け入れて毎年10人を8カ月間指導しており、ここで合気道を学んだ警察官が警察学校で新任警察官に指導することもあるという。

 目白小学校では、手をつかまれたときの対処法や、大声を出して周囲に助けを求める練習などを行う。同館は「今後も社会貢献として依頼があれば応えていきたい」といい、指導に当たる乗木(のりき)雅彦師範は、「体験を通して防犯意識を高めてほしい」と意気込んでいる。

「ライフ」のランキング