産経ニュース

日本の飛行士、2030年に有人月面探査目指す 国際協力でJAXA方針

ライフ ライフ

記事詳細

更新


日本の飛行士、2030年に有人月面探査目指す 国際協力でJAXA方針

NASAが有人火星探査に向けて開発中の大型ロケット「SLS」の打ち上げ想像図。月の宇宙ステーションはこの計画の中継基地として利用される構想だ(NASA提供) NASAが有人火星探査に向けて開発中の大型ロケット「SLS」の打ち上げ想像図。月の宇宙ステーションはこの計画の中継基地として利用される構想だ(NASA提供)

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は28日、2030年に日本人宇宙飛行士による月面探査の実現を目指す方針を明らかにした。米国が月の周回軌道に建設する新たな宇宙ステーション計画に参加し、月面到達の機会獲得を図る。同日開かれた文部科学省の小委員会で報告した。

 JAXAによると、19年度に月に送り込む計画の無人探査機「SLIM」の技術を活用し、宇宙飛行士がステーションと月を移動する着陸機の開発を目指す。ステーションで居住するのに必要な水や空気の浄化装置や、放射線防護技術の開発なども担い、こうした貢献を通じて日本人を月面に送り込みたい考えだ。

 ただ、新たな宇宙ステーション計画に多くの国の参加が得られるかや、膨大な費用をどう工面するかなど課題も多い。

「ライフ」のランキング