産経ニュース

【藤井四段記録更新】驚異の3局から見えた藤井聡太四段の強さとは 中村太地六段

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【藤井四段記録更新】
驚異の3局から見えた藤井聡太四段の強さとは 中村太地六段

増田康宏四段対藤井聡太四段 勝利し29連勝を達成し記者会見する藤井聡太四段=26日午後、東京都渋谷区の将棋会館(桐山弘太撮影) 増田康宏四段対藤井聡太四段 勝利し29連勝を達成し記者会見する藤井聡太四段=26日午後、東京都渋谷区の将棋会館(桐山弘太撮影)

 「終盤は正解が分かりやすいが、中盤は難しい。指し手の可能性が2、3通りある局面、いくら読んでも正解が分からない局面が続く。藤井四段はそこがとびきり強く、いつの間にかリードを奪ってしまう」

 しかし、勝負事は二転三転する。中村六段は「簡単に勝っているように見えるが、実は大変な技術。水面下の読みが丁寧で、集中力を切らさずに読んでいるからミスが少ない」と話す。99手で快勝。

 【20連勝 棋王戦予選・対澤田六段】(持ち時間各4時間)

 千日手指し直し局。序盤、藤井四段は前例のない新手で優位を奪った。中村六段は「経験値が少ない中、いろんな将棋に精通している」と藤井四段の序盤研究も評する。

 澤田六段もうまく対応。藤井四段は何度かミスが出て、絶体絶命のピンチに追い込まれた。しかし、澤田六段は1分将棋。「局面は負けているので、選択肢が多い、相手が間違いやすい手を意識的に打っていた。勝負師的な面が見られた」

 結局、澤田六段の敗着の一手を誘い、逆転。中村六段が「28局中、一番おもしろかった」と話す通り、155手で辛勝。

このニュースの写真

  • 驚異の3局から見えた藤井聡太四段の強さとは 中村太地六段
  • 驚異の3局から見えた藤井聡太四段の強さとは 中村太地六段
  • 驚異の3局から見えた藤井聡太四段の強さとは 中村太地六段

「ライフ」のランキング