産経ニュース

【料理と酒】アジのなめろう 朴葉味噌焼き 酒がすすみます

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【料理と酒】
アジのなめろう 朴葉味噌焼き 酒がすすみます

辛口麦酒にピッタリ!香ばしい香りも旨いアジのなめろう 辛口麦酒にピッタリ!香ばしい香りも旨いアジのなめろう

 味噌の焼けた香ばしい香りと少し焦げた味。なんともお酒が欲しくなる瞬間です。お洒落な居酒屋のメニューで見かける朴葉焼き(ほおばやき)は、茶色い大きな朴の葉に味噌などを乗せて、下から火で炙ったもの。飛騨高山の郷土料理です。

 アジの刺身を細かく叩いて、ネギやミョウガ、ショウガなどを加え味噌と和えた「なめろう」を作って、朴葉に乗せてフライパンで焼きました。朴の清々しいような香りとともに、焼けたアジの脂と味噌の絶妙なバランスが堪りません。

朴の木はモクレン科の落葉高木で、その葉は大きく20センチから40センチにもなります。殺菌作用もあることから、古くから食器の代わりとして、また食材を包む道具として使われていたそうです。食材店や百貨店で朴の葉を売っているので試してみてください。冷えた日本酒、それに辛口のビールもバッチリ合います。(速水裕樹)

【材料】

アジ…2尾

味噌…大さじ1

みりん…小さじ2

酒…小さじ2

砂糖…小さじ1

ネギ…10センチ

ミョウガ…2個

ショウガ…1/2片

大葉…2枚

万能ネギ…2本

【作り方】

1.ボウルに味噌、みりん、酒、砂糖を入れてゴムベラなどでよくかき混ぜる

2.アジはハラワタとウロコを取って三枚におろし、皮を引いて、小骨を取る

3.(2)のアジをまな板に乗せて、包丁で叩くようにぶつ切りにする

4.ネギとミョウガはみじん切りにする。ショウガはすりおろす。

5.(1)に(4)のネギとミョウガ、ショウガを入れて混ぜ合わせる

6.(5)に(3)のアジを入れて、ざっくりと混ぜ合わせる

7.朴葉に(6)を広げるように乗せる。フライパンにサラダ油をひいて火を付け、朴葉を乗せて焼く。朴の葉の香りが漂い、なめろうが少し焦げるほどになったら、火を止める。

8.みじん切りにした大葉、万能ネギを散らして、器に盛り付ける

【関連ニュース】

【オススメのお酒はこちら!】

「ライフ」のランキング