産経ニュース

【藤井四段記録更新】藤井伝説幕開け デビュー半年、前人未踏

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【藤井四段記録更新】
藤井伝説幕開け デビュー半年、前人未踏

29連勝を達成し、感想戦にのぞむ藤井聡太四段=26日午後、東京都渋谷区の将棋会館(撮影・佐藤雄彦) 29連勝を達成し、感想戦にのぞむ藤井聡太四段=26日午後、東京都渋谷区の将棋会館(撮影・佐藤雄彦)

 デビューからわずか半年、14歳の中学生が30年間破られなかった将棋界の記録を塗り替えた-。最年少プロ棋士、藤井聡太四段が26日、竜王戦決勝トーナメントの対局で増田康宏四段に勝ち、公式戦最多記録となる29連勝を達成した。「将棋界に新しい時代」。前人未到の快挙に日本列島がわいた。

 新記録が懸かった大一番。会場となった東京・千駄ケ谷の将棋会館には、朝から40社約100人の報道陣が集まった。周辺には、藤井四段をひと目見ようと大勢のファンが集まり、地元の原宿署の署員が警戒のため動員された。

 「西の天才」と呼ばれる藤井四段に対し、「東の天才」と称される増田四段。注目の10代対決は、藤井四段の先手番で午前10時にスタート。持参したチョコレートを口にする藤井四段は、開始早々エンジン全開に。時折、増田四段の表情をうかがう“藤井にらみ”も見られた。

 大勢の報道陣がつめかけ、緊張感に包まれた特別対局室。9時44分、まず藤井四段が着座し、数分後に増田康宏四段(19)も現れた。増田四段はあまりの人の多さにすぐに座れないほど。2人は目を合わせることなく、盤面をじっと見つめ対局開始を待った。

続きを読む

このニュースの写真

  • 藤井伝説幕開け デビュー半年、前人未踏
  • 藤井伝説幕開け デビュー半年、前人未踏
  • 藤井伝説幕開け デビュー半年、前人未踏

「ライフ」のランキング