産経ニュース

【書評】独裁者を崇拝させる偏向教育の砦の闇を照らす 税制面で優遇を与える東京都、いつまで特別扱いを続けるのか 『朝鮮大学校研究』産経新聞取材班

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【書評】
独裁者を崇拝させる偏向教育の砦の闇を照らす 税制面で優遇を与える東京都、いつまで特別扱いを続けるのか 『朝鮮大学校研究』産経新聞取材班

■ゆがんだ教育実態知らしめる

 朝鮮大学校(東京都小平市)。懐かしい名だ。昭和40年秋、大阪外大朝鮮語学科の1期生だった私はここに招かれ、300人ほどの前で下手な朝鮮語であいさつをした。責任者の朝大生はとても喜んでくれ、学生食堂に案内してくれた。「ここで食事をした日本人はあなたが初めてですよ」と。あれから50年あまり。「反北朝鮮」「反総連(在日本朝鮮人総連合会)分子」の一人とされた私に今や朝大も総連も固く門を閉ざしてしまったが…。

 在日コリアン約50万人のうち、今や朝鮮籍者は約3万3千人。北への盲従を止(や)めない総連から人もカネも逃げてゆくさまは本書にも詳しい。その総連の幹部や、独裁者一族を崇拝させる偏向教育を続ける朝鮮学校の教員を養成するのがまさしく朝大なのだ。

 朝大の“60年の闇”を追った本書に登場するエピソードの中で、私が忘れられないのは朝大副学長だった朴庸坤(パクヨンゴン)氏である。昭和47年、北朝鮮の金日成首相(当時)の還暦祝いとして朝大生約200人を“人間プレゼント”さながらに北へ送り出した。嫌がる朝大生を説得したのが朴氏である。これらの事実は私が同年5月、「赤旗」の平壌特派員になって初めて知った。

続きを読む

「ライフ」のランキング