産経ニュース

夏休み「10日間」になる? 静岡・吉田町が独自策 教員の長時間労働解消を狙う?

ライフ ライフ

記事詳細

更新


夏休み「10日間」になる? 静岡・吉田町が独自策 教員の長時間労働解消を狙う?

 町教委によると、教員は夏休み中も補習や水泳の指導、部活動などで出勤しているが、希望者のみが出席するため、規定の年間授業日数にカウントされない。担当者は「カウント対象になる全ての児童生徒が出席する通常の授業を行った方が、負担が減ると判断した」と説明する。

 昨年度の文部科学省調査によると、全国で時間外勤務がおおむね月80時間超を目安とする「過労死ライン」に達している教員の割合は、小学校で約3割、中学校では約6割に上った。

 同町でも時間外勤務は小学校が月平均57・6時間、中学校は90・1時間に。さらに小学校では、次期学習指導要領(小学校は平成32年度全面実施)の外国語教育強化策で、総授業時数が140時間(1単位時間は45分)増え、一層の負担増が確実となっている。

 計画実施により、時間外勤務の月平均を小学校が40時間以内、中学校が60時間以内まで減らせると見込んでおり、町教委は「教員は十分な授業の準備時間を確保し、子供の学力向上につなげてほしい」と話す。

続きを読む

「ライフ」のランキング