産経ニュース

【動画あり】作業員5人に放射性物質 茨城の原子力施設で付着

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【動画あり】
作業員5人に放射性物質 茨城の原子力施設で付着

日本原子力研究開発機構の「大洗研究開発センター」=6日夕、茨城県大洗町(共同通信社ヘリから) 日本原子力研究開発機構の「大洗研究開発センター」=6日夕、茨城県大洗町(共同通信社ヘリから)

 6日午前11時15分ごろ、日本原子力研究開発機構の「大洗研究開発センター」(茨城県大洗町)燃料研究棟で、核燃料物質貯蔵容器の点検中に放射性物質を包んだビニールバッグが破裂し、作業員5人が防護服の手足などに放射性物質を浴びた。うち3人は鼻腔からアルファ線を出す核種で3~24ベクレルの放射線が検出された。内部被曝(ひばく)の恐れがあり、今後時間をかけて調べる。機構は外部への影響はないとしている。

 機構によると、放射線が検出された3人は機構職員2人と派遣社員1人。燃料は新型炉で実験済みのプルトニウム酸化物とウラン酸化物で、粉末状のものが飛び散ったという。容器は金属の円筒状で、ビニールバッグは二重になっていた。

 原子力規制庁は「今後、保安検査官が再発防止などの処置状況を確認する。被曝量などの報告を待って法令に基づくトラブル事象かどうか判断したい」としている。

 燃料研究棟は高速炉用の新型燃料などを研究する施設で、機構はすでに廃止する方針を決めており、現在は研究で使った核物質などの管理をしている。

このニュースの写真

  • 作業員5人に放射性物質 茨城の原子力施設で付着

「ライフ」のランキング