産経ニュース

【科学】狙った細胞にゲノム編集 京大、iPS使い手法開発

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【科学】
狙った細胞にゲノム編集 京大、iPS使い手法開発

 さまざまな細胞が混じった中から、狙った細胞にだけ「ゲノム編集」を行う手法を、人工多能性幹細胞(iPS細胞)を使った研究で開発したと京都大の斉藤博英教授(生命工学)のチームが発表した。

 ゲノム編集は生物の遺伝子を自在に改変できる技術。チームは「がんや筋ジストロフィーなどの治療に今回の手法が応用できるか検討していく」としている。

 チームは、各種の細胞がそれぞれ固有に持つ「マイクロRNA」という微小物質に着目。マイクロRNAを目印に細胞を選別する方法と、ゲノム編集技術を組み合わせ、狙った特定の細胞にだけ編集を行う手法を開発した。

 手法は2つあり、特定のマイクロRNAがあると、ゲノム編集を引き起こす酵素が作られ、編集が起きる「オン型」と、逆に、特定のマイクロRNAがあると編集が起きなくなる「オフ型」。iPS細胞と別の細胞を混ぜた中で、iPS細胞のゲノムだけを編集したり、しなくしたりできることを確かめた。

「ライフ」のランキング