産経ニュース

【くらしナビ】マカの健康食品、幅広い層に人気

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【くらしナビ】
マカの健康食品、幅広い層に人気

マカの球根。直径約6~8センチ。ペルーからの輸入は粉末でないとできないので、あまり知られていない マカの球根。直径約6~8センチ。ペルーからの輸入は粉末でないとできないので、あまり知られていない

 南米産のハーブとして知られるマカ。男性の滋養強壮にとの印象が強い一方、不妊や更年期障害対策など女性からも評価が高いという。マカ関連など健康食品を作り続けている会社を訪ねた。

 東京都世田谷区のバイオ・サプリ(小島孝子社長)。平成8年に創業。パートを含む従業員は45人(今年4月現在)。

 同社には商品を手で箱詰めする部屋、顧客と電話するオペレーター室などがある。どの社員、パートの方々も「こんにちは」と優しい笑顔で迎えてくれた。

 「お客さまの言葉で励まされているから朗らかなのでしょう」。広報部長の山本貴文さんは話す。

 自社ブランドの健康食品を通信販売。これまで、世界保健機関(WHO)で副作用のない抗炎症作用が認められた薬用植物キャッツクロウ、オリーブや桑葉、ヤーコンのエキスで糖質の吸収を抑える食品、そして11年に第1弾を販売開始した有機マカ製品など幅広いラインアップをそろえている。

 「マカは、女性ホルモンのエストロゲンに似た働きが確認され、妊娠、出産をサポートしており、専門機関でも知られています」(山本さん)

 また、顧客から「更年期障害の諸症状が改善された」「栄養価が高く、バランス良く体全体の健康に役立っている」といった声が寄せられている。人体に必要なアミノ酸20種のうちマカには18種が含まれているという。

 先月20日に発売したのが「プレミアム高麗人参マカ」だ。京都市のメーカー、金氏高麗人参との共同開発で、27年に同社が不定愁訴などの症状改善の臨床試験結果により特許を取った「高麗人参由来の素材」を使用。マカ(希少性のモラーダ種100%)を配合する際、特許基準を満たしつつ、両者の利点を合わせた。

 「昨年、創業20年を機に『お客さまに還元したい』と着手しました。“実感力”のある商品になったと思います」と山本さん。

 顧客の声に支えられ、さらに開発とサービスに力を入れていく姿勢を感じた。(川村達哉)

このニュースの写真

  • マカの健康食品、幅広い層に人気

「ライフ」のランキング