産経ニュース

【混迷文科省 前次官“告発”(上)】前川氏、義憤の顔は本物か 天下り問題で引責…政権へ意趣返しの見方

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【混迷文科省 前次官“告発”(上)】
前川氏、義憤の顔は本物か 天下り問題で引責…政権へ意趣返しの見方

加計学園の獣医学部新設に関する記録文書の存否をめぐり、対立する文部科学省の前川喜平前事務次官(左)と菅義偉官房長官(写真はコラージュ) 加計学園の獣医学部新設に関する記録文書の存否をめぐり、対立する文部科学省の前川喜平前事務次官(左)と菅義偉官房長官(写真はコラージュ)

前のニュース

 25日午後4時すぎ。報道陣ですし詰めになった東京・霞が関のビル一室の空気が一瞬、固まった。

 「女性の貧困について実地の視察調査をしていた」「文部行政をやる上で役に立った」

 学校法人加計(かけ)学園(岡山市)の獣医学部設置計画をめぐる記録文書に絡み、文部科学省前事務次官の前川喜平(62)が「確実に存在する」と主張した記者会見。質疑の中で、「出会い系バー」への現職時代の出入りについて、事実関係をあっさり認めた上で想定外の理由を説明したのだ。

 教育行政の事務方トップが、売春の交渉現場とも目される怪しげな場所に、夜な夜な出没する-。常識では考えられない“裏の顔”を覆い隠そうとしてひねり出した理屈なのか。会場には失笑が漏れた。

 前川の会見内容に理解を示す文科省幹部も突き放した。「あの発言は口にすべきではなかった。国民から理解されるはずがない」

 ×

 「あったことをなかったことにはできない」。前川は記者会見で、文科省が文書の存在を否定した調査結果への不満から、告発する決心を固めた心境をにじませた。

 正義の告発者。報道陣の前に姿をさらし、堂々と主張した前川にはそんなイメージを重ねる向きもあるが、水面下では複雑な動きがあった。

続きを読む

混迷文科省 前次官“告発”のニュース

混迷文科省 前次官“告発”の写真

  • 【混迷文科省 前次官“告発”(上)】前川氏、義憤の顔は本物か 天下り問題で引責…政権へ意趣返しの見方
  • 【混迷文科省 前次官“告発”(中)】獣医学部50年新設なし 強力な権限、「教育村」に君臨する官庁
  • 【混迷 文科省 前次官“告発”(下)】文教族依存のツケ 思考停止状態の省内…課題に対処する人材育たず

「ライフ」のランキング