産経ニュース

【産経女子特区】取る? 取らない? 生理休暇

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【産経女子特区】
取る? 取らない? 生理休暇

 生理が始まった日の朝、憂鬱な気持ちで目覚める。おなかが痛い、気持ち悪い、めまいがする…。あまりの苦痛に起きられない。それでも我慢して、仕事に行く-。こんな経験をしている女性は少なくないが、生理休暇の取得率は1%に満たない。社会進出が進む一方で、働く女性の健康は置き去りにされていないだろうか? 他人には打ち明けにくい生理の悩み。生理との付き合い方を考えることで、働き方を見つめ直してみませんか?

理解されないかも…誰にも言わず我慢続けた

 「おなかの下の方がキューッと痛くなり、ひどいときは貧血みたいになって起き上がれなくなる。頭がクラクラして気持ち悪くて、立っていても寝ていても苦しい」

 川崎市の自営業の女性(38)は、思春期の頃から重い生理痛に悩まされてきた。学生の頃は動けなくなり、保健室で過ごすこともよくあった。今は、使い捨てカイロで体を温めたり、マッサージしたりしてつらい症状を少しでも和らげている。

 大学卒業後の就職先では、残業も珍しくなかった。立ち仕事の日に生理が重なっても、上司に「生理がつらく、立っているのが苦痛だ」とは言えなかった。生理の日は周囲に気付かれるほどテンションが低い。同僚から「大丈夫?」と声をかけられたときには「ちょっと貧血気味で」とごまかした。鎮痛剤を飲み、時計を見ながら「いつ効いてくるかな」と苦痛をこらえ、ひたすら時間の経過を待つ数日間。どうしても出勤できないほど、つらいときは「有給休暇(年休)」を取得した。「生理休暇」というモノが世の中に存在することは知っていたが、利用しようとは思わなかった。勤め先でどのように運用されていたのかも、確認したことがなかったためだ。

 女性は「ほかの人も同じくらいつらいけど、言わないだけかもしれないし、比較できないから。同性でも軽い人だったら理解してもらえないかもしれないと思ったり…。大げさにはしたくなかった」と振り返る。

 厚生労働省の雇用均等基本調査によると、平成26年度中に生理休暇を申請した女性従業員は0・9%。1人でも請求者がいた事業所は2・2%で、前回調査(19年度)の5・4%から半減した。連合の関係者は「周囲に言いづらいなどの理由で、(取得理由を説明しなくてもいい)年休を取得しているケースも考えられる」と推測する。

 佐藤製薬が28年、20~30代の女性会社員を対象に行った意識調査では、仕事に集中できないほどの生理痛を経験したことがあると答えた女性は53・2%に上った。しかし、このうち生理痛で会社を休んだことがある女性は31・1%。多くの女性が苦痛を我慢しながら仕事をしている実態が浮かんだ。

 労働政策などに詳しい第一生命経済研究所ライフデザイン研究本部の的場康子上席主任研究員は、「生理中の女性を守ることは、不妊を防ぐことにもつながる。生理休暇は大切な制度」と強調。その上で、「女性だけでなく男性も働きやすい職場づくりを進める中で、生理などの特定の理由の休暇についても理解のある職場にしていくことが重要だ」と指摘した。

続きを読む

このニュースの写真

  • 取る? 取らない? 生理休暇
  • 取る? 取らない? 生理休暇

「ライフ」のランキング