産経ニュース

囲碁AIが世界最強棋士に連勝 開発会社CEOは柯九段の健闘たたえる

ライフ ライフ

記事詳細

更新


囲碁AIが世界最強棋士に連勝 開発会社CEOは柯九段の健闘たたえる

「アルファ碁」との3番勝負での敗北が決まった柯潔九段。勝敗が決すると、しばらく席を離れず苦笑いを浮かべ、左手で頭を抱えた(ロイター) 「アルファ碁」との3番勝負での敗北が決まった柯潔九段。勝敗が決すると、しばらく席を離れず苦笑いを浮かべ、左手で頭を抱えた(ロイター)

 米グーグル傘下の人工知能(AI)開発ベンチャー「ディープマインド」(英国)の囲碁ソフト「アルファ碁」は25日、中国浙江省烏鎮で行われた「世界最強」とされる中国人棋士、柯潔(か・けつ)九段(19)との3番勝負の第2戦も勝利し、勝ち越しを決めた。(サンケイスポーツ)

 対局後、柯九段は「勝てるチャンスがあったので悔しい」と話す一方、アルファ碁の能力の高さを称賛し「(AIに比べ)囲碁を理解する人間の能力には限界がある」と語った。ディープマインドのデミス・ハサビス最高経営責任者(CEO)は「柯九段は最初の15手まで完璧で、100手まではこれまでの人間との対局で最も接戦となった」と柯九段の健闘をたたえた。

 今回の対局はグーグルや中国囲碁協会などが共催する「碁の未来サミット」の目玉イベント。勝ち越したグーグル側に150万ドル(約1億6700万円)が贈られる。最終戦は27日に行われる。

「ライフ」のランキング