産経ニュース

葬儀「音楽で送りたい」はNG? CD持ち込み、著作権侵害も

ライフ ライフ

記事詳細

更新


葬儀「音楽で送りたい」はNG? CD持ち込み、著作権侵害も

葬儀を生演奏で演出するケースも少しずつ増えているという(サウンドビュー提供) 葬儀を生演奏で演出するケースも少しずつ増えているという(サウンドビュー提供)

◆演奏権が発生

 葬儀のときに音楽をかけると何が問題になるのか。JASRACは「演奏権が発生する」としている。

 何百人もの参列者が集まる著名人の葬儀ならば、「公衆に直接聴かせる」という点で演奏権が発生するのは分からないでもない。

 しかし、家族や近親者だけで送る家族葬で、さらに自分で買ったCDを持ち込んで流してもらう場合、「自宅で家族と一緒にCDを聴いているのと同じでは?」という疑問がわく。自宅で買ってきたCDを聴くのに演奏権は発生しないので釈然としない。

 この点についてJASRACは「『誰が音楽をかけるのか』が問題になる。葬儀の場合は、音源を持ち込んでいようと、営利団体である葬儀社などがかけているので演奏権が発生する」と説明する。

 結論は、「好きな音楽で送りたい・送られたい」と思ったら、著作権使用料からは逃れられない、となる。

◆葬儀社で異なる

 しかし、個人で使用料を払うことは事実上不可能。では、葬儀場で音楽は流せないのかとなると、JASRACは「葬儀社など事業者ごとに契約を結んでもらうようにしている。そうすればCDをかけることはできる」のだそうだ。

 契約料は「施設面積500平方メートル以下で定員100人以下の施設ならば年間6000円」と、そう高いものではない。JASRACも葬儀社に加盟を促しているという。

続きを読む

「ライフ」のランキング