産経ニュース

【病と生きる】漫画家・エッセイスト 東海林さだおさん(79) 「たくさん飲めていたお酒があまり飲めなく…」健康診断で発見、肝臓がん  手術入院中も人間観察

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【病と生きる】
漫画家・エッセイスト 東海林さだおさん(79) 「たくさん飲めていたお酒があまり飲めなく…」健康診断で発見、肝臓がん  手術入院中も人間観察

東海林さだおさん 東海林さだおさん

 サラリーマンを主人公にしたユーモアあふれる漫画や独自の視点のエッセーを多くの雑誌に長期連載している東海林さだおさんは、一昨年暮れに肝臓がんの手術を受けた。手術は無事に成功し、連載も再開。散歩を日課として、体力づくりに励んでいる。(聞き手・櫛田寿宏)

                   

 がんが見つかったのは一昨年10月下旬です。かかりつけのクリニックで受けた健康診断で、血液の腫瘍マーカーの数値が異常に高かった。そこで紹介状を書いてもらい、都内の大きな病院で精密検査を受けたところ、医師からあっさりと「がんです」と告げられました。それまでたくさん飲めていたお酒があまり飲めなくなったので、おかしいとは思っていましたが、それ以外の自覚症状はありませんでした。

 その後、私と女房、3人の娘とその夫の計8人で医師から詳しい説明を受けました。頭の中が真っ白になり、どんな説明を受けたのか、よく覚えていません。あんなにも死を身近に感じたのは初めてのことでした。

続きを読む

「ライフ」のランキング