産経ニュース

トキのひな7羽に、今季初めて個体識別用の足輪 新潟県佐渡市

ライフ ライフ

記事詳細

更新


トキのひな7羽に、今季初めて個体識別用の足輪 新潟県佐渡市

足輪を装着したトキのヒナ 足輪を装着したトキのヒナ

 環境省は9日、新潟県佐渡市の野生下で生まれたトキのひな7羽に、個体識別用の足輪を今季初めて着けたと発表した。同省佐渡自然保護官事務所によると、7羽はいずれも体重が1キロほどで、生まれてから推定20日程度という。

 9日現在、同市の野生下で営巣が確認されたつがいは47組で、そのうち24組から53羽が生まれた。53羽のうち、両親も野生下で生まれた「純野生」は6羽。

 孵化(ふか)したひなのうち1羽は行方不明となったものの、18組のつがいが抱卵中で、今季のひなの数は昨季の53羽を上回る見込み。

「ライフ」のランキング