産経ニュース

【健康カフェ(79)】家庭血圧 診察室の計測より優先する

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【健康カフェ(79)】
家庭血圧 診察室の計測より優先する

 糖尿病と高血圧で通院している70代後半の男性は、初診時に家庭での血圧をたずねたところ、「測ったことがない。血圧計も持っていない」とのことでした。

 病院や診療所で医師や看護師さんに血圧を測ってもらうと、家で測るより高くなる人がいます。このタイプの人に、診察室の血圧だけを頼りに降圧薬を増やすと、日常生活の中で血圧が下がり過ぎてしまう危険があります。この逆で、本当は血圧が高いのに、診察室では正常な血圧を示す人もいます。家庭での血圧を測るのは、こうした見落としを防ぐ目的もあります。

 高血圧は動脈硬化を進める病気で、放置したり治療が不十分だったりすると心筋梗塞など心血管疾患の発症率や死亡率を高めます。血圧測定の方法と心血管疾患や死亡との関連をみた研究がたくさんあり、それらの結果をまとめた論文によると、家庭での血圧と病気や死亡に関係があることが分かっています。

 日本高血圧学会が平成26年に改定した「高血圧治療ガイドライン」では、診察室の血圧と家庭血圧の間に診断の差がある場合、「家庭血圧による診断を優先すること」としています。さまざまな研究から、家庭血圧を参考にする方が血圧を良好にコントロールできることが分かったためです。また、家庭で血圧を測るだけで「高血圧が若干改善する」というデータも示されています。

続きを読む

「ライフ」のランキング