産経ニュース

皇后さま「山つけ」ご作業

ライフ ライフ

記事詳細

更新


皇后さま「山つけ」ご作業

天蚕と呼ばれる野生種のカイコの卵を、餌となるクヌギの枝につける「山つけ」の作業をされる皇后さま=8日午後4時ごろ、皇居内の紅葉山御養蚕所(宮内庁提供) 天蚕と呼ばれる野生種のカイコの卵を、餌となるクヌギの枝につける「山つけ」の作業をされる皇后さま=8日午後4時ごろ、皇居内の紅葉山御養蚕所(宮内庁提供)

 皇后さまは8日、皇居内の紅葉山御養蚕所で、日本原産の「天蚕」の卵をクヌギの枝に付ける恒例の「山つけ」を行われた。

 養蚕は明治以降、皇后が代々、受け継いできた伝統の作業。皇后さまは鳥などの被害から守るため、網で覆われた屋外の養蚕施設「野蚕室」で、約25個の卵が付けられた短冊状の和紙を枝に巻き付け、ホチキスで丁寧に留められた。クヌギの生育状況について「どうですか」と担当者に尋ねられる場面もみられた。

 天蚕は2、3日で孵化(ふか)し、7月ごろ繭をつけるという。

このニュースの写真

  • 皇后さま「山つけ」ご作業

「ライフ」のランキング