産経ニュース

【編集者のおすすめ】危機の本質を読み解く分析、緊急刊行 『誰が世界戦争を始めるのか』日高義樹著

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【編集者のおすすめ】
危機の本質を読み解く分析、緊急刊行 『誰が世界戦争を始めるのか』日高義樹著

『誰が世界戦争を始めるのか』 『誰が世界戦争を始めるのか』

 □『誰が世界戦争を始めるのか 米中サイバー・ウォーと大国日本への期待と責任』

 第三次大戦-。そんな事態が絵空事で済まない状況に世界は直面した。4月7日のシリア空爆に続き、北朝鮮への武力対応も辞さないトランプ政権の強面(こわもて)姿勢は、オバマ前政権の方針を覆した。“戦うアメリカ”が帰ってくれば、世界はどう変わるか。本書はその最大の鍵を握るトランプ大統領を起点に、ワシントン発の最新分析で危機の本質を読み解く緊急刊行書だ。

 先の米中首脳会談で習近平国家主席は米の姿勢に賛意を示したが、南シナ海の軍事基地をめぐる対立など対米衝突を視野に入れた軍事力増強を進める。北朝鮮は2018年頃に核弾頭も搭載可能なICBMを持つ核大国となる脅威を本書は予見する。シリア問題をめぐり最悪の対米関係に陥ったロシアも、プーチン大統領が「核兵器増強は戦争をエスカレートさせないために不可欠」と語り、米の対立国は核兵器使用の選択肢を捨てぬ構えだ。過去の世界大戦の火蓋のごとき偶発戦争が発生すれば、危機は地球規模にまで広がる。

続きを読む

「ライフ」のランキング