産経ニュース

【今さら聞けない】「打倒!直木賞」で始まった「本屋大賞」 毎日新聞「権威化?」と紹介 誰が何のために選んでいるのか

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【今さら聞けない】
「打倒!直木賞」で始まった「本屋大賞」 毎日新聞「権威化?」と紹介 誰が何のために選んでいるのか

本屋大賞の歴代受賞作品 本屋大賞の歴代受賞作品

 「2017年本屋大賞」(同賞実行委員会主催)に、恩田陸さん(52)の直木賞受賞作「蜜蜂と遠雷」(幻冬舎)が選ばれた。直木賞とのダブル受賞作は初めてで、4月11日に東京都内で開かれた贈賞式は、大きな盛り上がりを見せた。しかし、本屋大賞はそもそも「打倒!直木賞」をかけ声に始まった賞ではなかったか。「賞が成長した証」「知られていないけれどおもしろい作品を選ぶべきだったのでは」。今年の結果には賛否の声も飛び交う。そもそも「本屋大賞」とは?

今年は「蜜蜂と遠雷」

 「14回を迎えるにふさわしい、新たな一歩を踏み出す作品が選ばれました」

 実行委員会の浜本茂理事長のこんなあいさつで始まった11日の贈賞式。「蜜蜂と遠雷」の受賞が発表されると、直木賞との2冠に会場は大きな歓声に包まれた。

 受賞作は、国際ピアノコンクールを舞台とした青春群像劇。昨年9月に発売され、今年2月の直木賞受賞を受け30万部まで増え、本屋大賞に決まったことで累計発行部数は50万部に達した。

 恩田さんは「直木賞を受賞した時点で、本屋大賞はもうないと思っていました」と感慨深げに語った。

 恩田さんがこう話すのには理由がある。本屋大賞は2004年に直木賞への対抗軸として誕生した賞だったからだ。

 大衆文学に与えられる直木賞は、純文学を対象とした芥川賞とともに最も権威ある文学賞に位置づけられている。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「打倒!直木賞」で始まった「本屋大賞」 毎日新聞「権威化?」と紹介 誰が何のために選んでいるのか
  • 「打倒!直木賞」で始まった「本屋大賞」 毎日新聞「権威化?」と紹介 誰が何のために選んでいるのか

「ライフ」のランキング