産経ニュース

偽造C肝薬購入、和歌山の病院も 無許可業者に大阪府が行政指導

ライフ ライフ

記事詳細

更新


偽造C肝薬購入、和歌山の病院も 無許可業者に大阪府が行政指導

 奈良県の薬局チェーンと東京都内の卸業者で偽造されたC型肝炎治療薬「ハーボニー」のボトルが見つかった問題で、和歌山市内の病院も偽造薬を仕入れていたことが分かった。大阪市内の業者が無許可で販売したとして、大阪府がすでに行政指導を行っている。患者が服用した例はなく、健康被害は報告されていない。

 厚生労働省などによると、大阪の業者が、東京都千代田区の医薬品卸業者「大興薬品」から偽造品ボトル2本を購入し、1月に和歌山の病院が納入したという。

 和歌山県が2月、病院に対して立ち入り調査を実施。卸業者は大阪の業者に許可があるか確認せずに売り渡したが、偽造薬であることを知り、すぐに返品を求めたという。

 卸業者は「複数の個人からハーボニーを買った」と証言しており、誰が薬を偽造したかは判明していない。厚労省の調べでは、偽造薬の中身は、サプリメントとして市販されているビタミン剤や、風邪などに効く漢方薬だった。

 都は今月12日、偽造品を流通させたとして、大興薬品など2社を業務停止処分にした。警視庁などが偽造品が卸業者に持ち込まれた経緯などを調べている。

「ライフ」のランキング