産経ニュース

【ビジネスパーソンの必読書】働くということ… 仕事に効く3冊を一挙ご紹介

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【ビジネスパーソンの必読書】
働くということ… 仕事に効く3冊を一挙ご紹介

『日本の工芸を元気にする!』中川政七著(東洋経済新報社・1600円+税) 『日本の工芸を元気にする!』中川政七著(東洋経済新報社・1600円+税)

 働き方改革が叫ばれる昨今、生産性や効率性の向上を今年度の目標に掲げる人も多いのではないか。だが、「とにかく速く」と焦ってしまうと、かえって効率が下がる。落ち着いて、俯瞰(ふかん)的な視点を持つことが、効率化の最大のコツなのだ。(情報工場「SERENDIP」編集部

世界を狭める 『超AI時代の生存戦略』落合陽一著(大和書房・1300円+税)

 AI(人工知能)、IoT(モノのインターネット)、ビッグデータ、VR(仮想現実)・AR(人工現実)など、新しいデジタル技術とそれによるサービスが次々と登場・普及する現代。それに応じて人々の考え方や働き方、生き方は変化する。

 本書では、「現代の魔法使い」の異名を持つメディアアーティストの落合陽一氏が、そんな時代に生き残るためのヒントを提供している。

 落合氏は、今の時代に「自分らしさ」「人間らしさ」を保つには、自分の「世界を狭める」べきだと主張。世界全体の既存のルールで競争するのではなく、小さなコミュニティーとオリジナルのルール作りを提案する。既存のルールや戦法のもとでは、それらを網羅的に学べる機械に、人間は勝てないという。

続きを読む

このニュースの写真

  • 働くということ… 仕事に効く3冊を一挙ご紹介
  • 働くということ… 仕事に効く3冊を一挙ご紹介

「ライフ」のランキング