産経ニュース

「銃剣道」は軍国主義の復活? 新学習指導要領で政府が否定する答弁書

ライフ ライフ

記事詳細

更新


「銃剣道」は軍国主義の復活? 新学習指導要領で政府が否定する答弁書

 政府は14日、平成33年度から全面実施される新しい中学校学習指導要領の保健体育で、武道の種目の一例に「銃剣道」を明記したことについて、「『軍国主義の復活や戦前回帰の一環』との指摘は当たらない」との答弁書を閣議決定した。民進党の大西健介衆院議員の質問主意書への回答。

 パブリックコメント(意見公募)で、国体種目であることや競技人口を考慮すべきだといった意見が寄せられ、「武道の内容の弾力化を一層図るものだと考えた」ことが明記の理由とした。

 大西氏は「自衛隊が訓練に取り入れている以外、一般のスポーツ競技として広く普及しているとは言い難い」「軍国主義の復活などととらえる向きがある」として、明記の必要性を尋ねた。

 新指導要領では、銃剣道を含め、日本武道協議会加盟の9種目が武道の例として記載された。

「ライフ」のランキング