産経ニュース

【話の肖像画】作曲家・すぎやまこういち(5) ゲームも人生も逃げちゃダメ

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【話の肖像画】
作曲家・すぎやまこういち(5) ゲームも人生も逃げちゃダメ

すぎやまこういちさん(酒巻俊介撮影) すぎやまこういちさん(酒巻俊介撮影)

 〈最近は、『ドラゴンクエスト』(ドラクエ)の最新作である『XI(11)』の作曲作業に携わる〉

 作曲の際は、パソコンを使って作業しています。もちろん昔は、五線紙に鉛筆で楽譜を書いていましたが、間違えたときに消しゴムで消すのが面倒でした。コンピューターはその点、便利でいいですね。

 〈作曲活動の一方で、平成19年には慰安婦問題についての日本側識者の意見を盛り込んだ全面広告を米紙に掲載するなど、政治的な主張も行う〉

 僕の家は、代々ずっと愛国者なんです。僕は外国にもよく行きましたが、日本ほどいい国はないと思いますよ。人間もいいし、食べ物はおいしいし、気候も穏やか。あらゆる意味でいい国だし、日本に生まれてよかったと思う。だからこそ、日本に生まれたのに日本が嫌いだとか、反日運動をやっている人々というのは、僕から見たらとても不思議ですね。

 昔、ロンドンフィルハーモニーでレコーディングをした後、現地のメンバーと話をしたときのことです。「『ドラクエ』の音楽がすごく好き。どの楽曲にも日本のにおいがする」と言われました。僕はそういうことを全然意識せずに作っていたのですが、彼らは演奏をしながら、“日本のにおい”を感じた。これがすごく自信になったし、うれしかったですね。

 〈テレビ報道を検証している任意団体『放送法遵守(じゅんしゅ)を求める視聴者の会』では、初代代表呼びかけ人を務めた。日本の報道について物申したいことは〉

 日本は全体的に素晴らしいのだけれど、メディアにゆがんだ部分があるのが残念ですね。一部のメディアは、工作が入っているんじゃないかと疑うくらいです。産経新聞にはなんとか頑張ってほしいよ。

続きを読む

「ライフ」のランキング