産経ニュース

【書評倶楽部】かっこいい俳優人生を歩んだ大人の姿 麻木久仁子・評 『役者なんかおやめなさい』仲代達矢著

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【書評倶楽部】
かっこいい俳優人生を歩んだ大人の姿 麻木久仁子・評 『役者なんかおやめなさい』仲代達矢著

女優の麻木久仁子さんインタビュー=15日午後、東京都千代田区大手町(瀧誠四郎撮影) 女優の麻木久仁子さんインタビュー=15日午後、東京都千代田区大手町(瀧誠四郎撮影)

 ■かっこいい大人の姿

 六十余年にわたる俳優人生を歩んできた仲代達矢さんの、インタビューを収めた本である。聞き手は坂梨直子さん。

 貧しさに耐え、空襲から逃げ惑いながら日本の勝利を夢見た仲代少年は、中学1年で終戦を迎える。それまで「進め一億火の玉だ」と言っていた大人たちが一夜にして親米派になってしまう様を目の当たりにする。その時に「大人や政治に対する強い不信感」が生まれたことが、やがて俳優になるとき、戦争中に軍国政治の抑圧をくぐり抜けてきた新劇の世界へ飛び込んでいくことへとつながる。

 〈戦争体験を持っている最後の世代です。焼かれて真っ黒になった人がバーッと倒れている中を歩いて学校に通い、空襲警報が鳴ると引き返して家に帰る。そういう実体験をしてきました。今の若い人にそういう感覚を持てと言っても無理かもしれません〉〈でも体験がないとはいえ、役者はいろんな物語の中に入り込んで演じないといけない。時には兵隊となって戦う役もあるでしょう。だから、推理力とか想像力を働かせれば、体験しなくても絶対にわかる、ということは若い人に常に話しています〉

続きを読む

このニュースの写真

  • かっこいい俳優人生を歩んだ大人の姿 麻木久仁子・評 『役者なんかおやめなさい』仲代達矢著

「ライフ」のランキング