産経ニュース

営業の働き方を効率化 外部委託やスマホ活用

ライフ ライフ

記事詳細

更新


営業の働き方を効率化 外部委託やスマホ活用

電話で顧客と話すタクセルのオペレーター =愛知県東浦町 電話で顧客と話すタクセルのオペレーター =愛知県東浦町

 顧客の都合に合わせたり、売り上げ目標の達成のために、営業職は労働時間の削減が難しいといわれる。ただ、働き方改革は時代の要請でもあり、各事業所は何らかの対応を迫られている。電話だけでできる業務を外部に委託したり、スマートフォンで業務報告や名刺管理をできるようにしたりして仕事を効率化するサービスが登場し、注目されている。

 ◆訪問と電話

 「同様のサービスについて、他社のものを取り入れる検討をされているのでしょうか」。2月上旬、愛知県東浦町の20代の会社員女性は、自宅の電話で話した。

 女性がオペレーターとして働くのは、東京のベンチャー企業「タクセル」。同社は平成28年12月、電話やメールで営業や市場調査などをする「インサイドセールス」の受託サービスを始めた。

 オペレーターは委託してきた企業に代わり、問い合わせをした人に電話をして、求める内容、購入や導入の意向がどの程度あるのかを確認する。

 田中亮大社長(31)は「訪問営業の約束を取るためにやみくもに電話をかける時代ではなくなっている」と説明する。

続きを読む

このニュースの写真

  • 営業の働き方を効率化 外部委託やスマホ活用

「ライフ」のランキング