産経ニュース

【節約家計簿】なにかとお金がかかります 「ペット支出」も記帳しよう

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【節約家計簿】
なにかとお金がかかります 「ペット支出」も記帳しよう

 読者の中にも、犬や猫を飼われている方はたくさんいらっしゃることでしょう。ペットという感覚ではなく、家族の一員と捉えている方も多いはずです。

 一般社団法人ペットフード協会の平成28年の調査によると、犬の飼育頭数は987万8千頭、猫は984万7千頭で、犬と猫だけで2千万頭近くに上ります。近年の傾向として、犬の飼育頭数は減少する一方、猫の飼育頭数はほぼ横ばい。本当は犬を飼いたいけれど、アパートやマンションなどの規則で飼えない方も少なくないように思います。

 ところで、今回ペットの話を取り上げるのは、家計診断の中で、ペット費をきちんと記帳していないご家庭が多いと感じるからです。生まれて間もない頃から育てると、犬や猫は10年以上、飼育するケースが多いはずです。

 ひと月にかかるペット費が1万円だとしましょう。この場合、年間で12万円、10年間で120万円ほどかかる計算になります。このほか、ペット保険の保険料なども加えると、実際にかかる金額はもっと膨らむでしょう。また、徐々に飼育頭数が増えて多頭飼いになり、ひと月2万~3万円近くかかっているご家庭もあります。この場合は年間で数十万円単位の支出になっているはずです。

 「子供が独立して寂しい」とペットを飼い始める方にもよくお会いします。年金暮らしをされていると、ペット費の負担で家計が赤字になったり、貯蓄が速いペースで減ってしまったりする場合もあり、老後資金に不安が出てしまいます。

続きを読む

「ライフ」のランキング