産経ニュース

【科学】理研、「新元素」の合成実験開始 119、120番に向けて

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【科学】
理研、「新元素」の合成実験開始 119、120番に向けて

 原子番号113番の元素「ニホニウム」を発見した理化学研究所のチームが、119、120番の新元素の合成に向けた実験を開始したことが分かった。代表の森田浩介グループディレクター(九州大教授)が明らかにした。

 森田氏は新しい実験について「これまでの延長線上にあるが、さらに難しい仕事になると思うので、淡々とやらなければならないと思っている」と語った。

 ニホニウムはエネルギーが比較的低い核融合反応を使って合成したが、119番以降は露米などが先行してきたエネルギーの高い反応に変更しないと作れない。「原子番号が大きくなるにつれて合成できる確率がどんどん減り、そこに難しさがある」という。

 実験に使用する加速器は今夏、性能を向上させる改修工事に入るため、実験は数年間中断する。それまでの間に「いくつか準備的なデータを積み上げる作業を行う」としている。

 元素は118番まで見つかり、各国が119番以降の発見を狙っている。

「ライフ」のランキング